寿陵という生前墓が増えている東京の霊園

東京などの都市部では、寿陵と呼ばれる生前墓が増えてきています。これは、生きている間に自分のお墓を建てておくことです。生前にお墓を建てることは、縁起が悪いと考えている人も少なくありません。しかし、むしろおめでたい良いことだとされています。ただ、この近年増加している寿陵には、墓地が不足しているために、その対策として購入できるときに購入し、お墓を建立しておきたいという心理も働いているようです。都市部の霊園においては、およそ半分がこの寿陵だという報告もあります。この寿陵には、ふたつのケースが考えられます。生前に自分のお墓を自分で建立する場合と、夫婦の場合であれば、どちらかが亡くなったときに夫婦のお墓を建てるケースです。自分のお墓のことを個人墓といい、夫婦のお墓は夫婦墓などと表現されます。個人墓や夫婦墓を建立するときには、存命であっても戒名が必要になるので、寺院などと相談することが必要になります。

様々なタイプが揃っている東京の霊園

本来お墓というのは、親から子へ、子から孫へと受け継がれていくことが当然であったようです。現代でも従来のその形式を守っている人もいます。しかし、多くの人が何らかの形で従来の方法ではない埋葬のあり方というのを模索しているようです。少子化も進んできており、結婚という選択をしない人、結婚をしても子どもを持たない人など家族や家庭のあり方が変化しているということがその背景としてあります。お墓に対しても、従来の考え方や血縁関係に縛られることのない方法が支持されてきています。その結果、宗教や宗派の制限がない共同墓地である霊園にお墓を建立するという選択肢が多く選ばれています。東京にも数多くの霊園があります。都心や少し離れた郊外、公園墓地や永代供養墓など数多くの様々なタイプが揃っているということが東京の霊園の魅力ともいえるようです。

東京の霊園を利用したい人にアドバイス

現代は核家族化や少子化などの影響で、なかなかお墓参りに行けなかったり、お墓を継承してくれる人がおらず悩んでいる人が増えています。東京の霊園は閑静な住宅街の中にある都市型霊園が数多くあり、利便性の高い立地にあるので、高齢者や体の不自由な人でも利用しやすくなっています。バリアフリーなどの設備が整っており、駐車場も完備されているので、多くの人が利用を検討しています。故人が最期に眠る場所なので、日当たりが良好で水はけも良い場所にお墓を建立できます。故人の一周忌や三回忌の法事が終わったら、霊園に安置したい人がほとんどなので、まずは電話などで問い合わせてみると良いでしょう。どれぐらいの費用が必要なのか知りたい人が多いですが、料金も明瞭でわかりやすくなっています。きちんと供養を行っているので、安心して利用できます。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑