都心部やそれ以外の地域にも多くある東京の霊園

東京は日本の首都で、人口も他の地域よりも極端に多く、したがって人口密度も日本全国の平均を大きく上回っています。そのため、近年のお墓の需要は年々高まっているといわれています。霊園はお寺の墓地とは異なり、檀家ではなくても購入してお墓を建てることができるので、少子高齢化や核家族化などの社会的な影響も需要が多い理由だといえるようです。たくさんの選択肢があるのとは違い、東京で探すのは難しいとされています。しかし、23区以外の多摩地域などには多く、23区内でも意外にたくさんの霊園があります。東京といえば大都市というイメージですが、歴史を紐解けば、江戸時代の町にはたくさんのお寺や神社があったとされています。明治以降に移転した寺院などもあったようですが、現在でも数多く残っていて、都心部でも整理、改装した都市型の霊園は少なくはありません。そのため、大都市で新しくお墓を建てるのは無理ということはないと考えて良さそうです。

永代供養墓の納骨堂の需要が高まっている東京の霊園

かつてお墓というのは、一族でひとつの墓所というのが普通だったようです。しかし戦後に新しい憲法が施工されたことで、明治憲法のもとにおける家族制度がなくなりました。その結果先祖代々のお墓ではなく、一世帯でひとつのお墓を持つというのが主流となってきています。また近年では、個人ひとりひとりにひとつのお墓という現象も見られるようになりました。さらに最近では、核家族化などの社会的な背景を理由に、自分のお墓が無縁墓になる可能性があると考えている人も多く、永代供養を前提とした霊園を希望する人が増えてきているようです。東京には、23区にもそれ以外の地域や郊外にも比較的多くの霊園があります。そんな中で最近では、お墓を購入することは無理でも、永代供養のお墓としての納骨堂ならお墓よりも安く購入できるということもあり、納骨堂の需要が高い傾向にあるようです。

緑豊かな自然に触れられる東京の霊園の納骨堂

お墓のことを考えている人は少なくありません。メディアなどでも話題になっているように、数年前から無縁墓や墓地不足が深刻な問題となってきています。その流れの根底にあるのは、家族墓から一世帯にひとつ、あるいは個人にひとつのお墓という考え方です。この考え方の背景には、核家族化や都市型の暮らしなどがあります。一方で、現代は自分の意志や主義によってお墓を選択することができる時代だともいえます。そのため、墓地にも様々な形態のものが登場してきており、霊園や納骨堂などの選択肢の幅も豊富になってきているようです。霊園は、共同墓地という意味ですが、最近では、納骨堂を設けているところも多くあります。お墓の費用をおさえたかったり、墓地そのものの価格が非常に高い東京などでは、納骨堂の人気が高い傾向にあります。納骨堂でも霊園にあるものは、その場所の豊かな自然に触れられるという理由から、自分の墓地にと希望する人も多いようです。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑